YouTubeノウハウ 便利ツール サイト 

無料動画編集ソフト「AviUtl」でカット、モザイク入れる方法

2017/09/05

.


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
 
無料の動画編集ソフトでカットやモザイクを入れる「AviUtl」の使い方を解説している動画です。


期間限定 YouTubeで稼ぐ「無料動画&豪華特典」プレゼント♪
 
レビュー:★★★☆

 

《ここがオススメ》

動画にモザイクを無料ソフトAviUtlを

使ってかける方法を

一緒に作業しながら出来るので

とてもわかりやすいです。

 

《この動画の要約》

AviUtlはシンプルなソフト プラグインを追加で様々な編集が出来る

本体のダウンロードとプラグインのダウンロードが必要

◆「AviUtl」のお部屋から ダウンロード

<本体のダウンロード>

下へスクロール

ダウンロード欄に AviUtlと拡張プラグインがあるので

一番新しいものダウンロード

ZIPファイルのため 解凍必要

デスクトップに フォルダ作って 展開していく

3つのファイルが保存されている

次に

<拡張編集プラグイン ダウンロード>

ダウンロードしたら

中のファイルをすべて 先ほどのAviUtlのフォルダへ移動
<DairectShow FileReaderプラグインfor AviUtl をダウンロード>

dsiput026 をクリックしてダウンロード

ファイル2つあるが 上のAUIファイルのみ AviUtlのフォルダへ移動

以上で 必要なプラグインダウンロード完了

MP4プラグインも  同じくコピーすると MP4でも動画保存可能鳴るので

一緒にしておくと 便利

【実際に 起動して 編集】

AviUtlのフォルダ アプリケーションを実行

警告でても 大丈夫

シンプルな画面

<サイズ変更>

ファイルクリック 環境設定 クリック

最大画像サイズ 1980幅 高さ1080に変更

同じく リサイズ設定の解像度リストにも 追加 数字の後に

コンマ 入れるのを忘れずに。

 

<動画不要部分カット方法>

一度 閉じて AviUtl再起動

対象の動画ファイルを ドロップ&

表示をクリックで 拡大表示50%くらいにすると

見やすくなる

設定から 拡張編集の設定が開く

不要部分をカット

下のスライダーを 右左動かして

不要部分の頭の位置決める

右側に |←  のマーク クリックすると

不要部分白くなる

また 要らない後半を決める場合

スライダーで位置を決めて →| のマーククリック

選択した要らない部分がブルーになる

上のメニューの設定から 選択範囲のフレーム削除クリック

先ほどの水色の部分が消える

【モザイクの方法】

出しておいた拡張編集の画面

Layer1 クリック

何もないところで 右クリック

フィルタオブジェクトの追加→部分フィルタクリック

部分フィルタの緑色 表示される

作用のやじるしを 伸ばすと長さ調整

動画に白い線が表示される

右上の +ボタンクリックで 効果が選べる

モザイクを選ぶ

白い点線の部分にモザイクかかる

モザイクのサイズも設定出来る

モザイクの位置も マウスで自由に変えられる

このように Layer増やしていけば動画ファイル テキスト 図形なども追加出来る

Layer1と 同じように 追加したい部分に

マウスで入れられる

<編集した動画の保存方法>

すべて 編集終わったら

ファイル クリックで

AVI出力 クリック

AVI形式でファイルを保存できる

ビデオライブラリに 名前決めて保存

出力中 表示 何%と出る

終了したら 確認

ビデオフォルダの中から 作成した動画保存されている

<感想>

ムービーメーカーには モザイクをかける機能が

ないので この無料ソフト「AviUtl」は便利ですね。

外や店舗内で撮影した動画を投稿の場合

通行人の方の顔や 場所の特定を避けるために

モザイクが必要になるケースがあるので

これだと 簡単に入れられるので重宝すると思います。

(^-^)
 
期間限定 YouTubeで稼ぐ「無料動画&豪華特典」プレゼント♪
 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

-YouTubeノウハウ, 便利ツール サイト