ネットビジネス ブログ

特化型ブログを外注化して記事を量産する方法

2017/09/05

.


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
 
特化型ブログを外注化して記事を量産する方法の動画


期間限定 YouTubeで稼ぐ「無料動画&豪華特典」プレゼント♪
 
レビュー:★★★☆

《ここがオススメ》

外注化するメリットや方法をわかりやすく

解説されています。

《この動画の要約》

 

特化型ブログは どうしてもある程度の記事数は

必要になってきます。

目安としては 最低でも50記事は必要です。

(稼ぐ金額にもよりますが、安定いて毎月5万円を 狙うとして)

しかも 特化型ブログであれば 1記事あたり最低でも800文字

出来れば 1200文字は欲しいところ

そんな記事作成を自分でやろうとして挫折した人を僕は何人も

見てきました。

あくまでも僕の考え方ですが

続けられない記事作成なら やめたほうがいいです。

自分で書くことにこだわり過ぎて

ブログ記事の更新が止まってしまっては

非常にもったいない。

 

そこで 僕は記事作成はすべて外注化

することをお勧めしています。

外注化と聞くと

「そんなのやったことがないから無理だ。。。」

「人を使ってネットビジネスするなんて敷居が

高すぎる。。。」

という人が多くいます。

その旅に僕は本当に伏木になって

こんなことを聞きます。

「じゃあ 会社の仕事で人にお願いすることって

ないですか?」

大体の人は会社で部下がいなかったとしても

誰かしらとコミュニケーションをとりながら

仕事をしているはず。

アルバイトも。

なのに ネットビジネスになると いきなり 消極的に

なるのが 不思議でなりません。

ということで 前置きがながくなりましたが

外注化はやってみたら簡単だし

なにより勝手に記事が量産されるので

めちゃくちゃ楽になります。

 

今回は大まかな外注ライター採用までの流れを説明

1 まずは 募集サイトにライターの募集をかける

僕がお勧めしているのは らんさーっずというサイト

そこで 募集をかけます。

注意点は

1記事当たりの単価を明記する事

初心者でもOKとおすること

経験上 大体1回の募集で5~10人くらいは応募があります。

2 テスト記事を書いてもらう

応募してきた人に対して 必ずテスト記事を

書いてもらうようにする

これは キーワードを渡して それに沿った内容の記事を

800文字程度で書いてもらうように指示します。

注意点はみんな同じキーワードで書いてもらう事。

そうすれば 記事の良し悪しが比較しやすい。

このテスト記事で大体 優良なライターは選別できるはず。

3 スカイプで面談をする

最後に テスト記事で良かった人に対して

スカイプ面談を実施する。

テスト記事が良かったからと言って

実際に話してみたら 何か違った。。

ということはよくある。

必ず スカイプ面談は実施するようにしましょう。

この流れで外注ライターを募集すれば

問題なく優良なライターさんを見つけることが

出来ます。

 

<感想>

一日に完成する記事数は

どうしても 限られてしまいます。

外注化することで 稼げるスピードが

どんどん加速するので

いつかは外注すると思わず

早い段階で取り入れて 早く

成功する感覚を手にすることが大事ですね。

(^-^)
 
期間限定 YouTubeで稼ぐ「無料動画&豪華特典」プレゼント♪
 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

-ネットビジネス, ブログ